ノーネクタイのMy Way

ネクタイを外したら、忙しかった時計の針の回転がゆっくりと回り始めて、草むらの虫の音や夕焼けの美しさ金木犀の香りなどにふと気付かされる人間らしい五感が戻ってきたような感じがします。「人間らしく生きようや人間なのだから」そんな想いを込めてMywayメッセージを日々綴って行こうと思っています。

「本田々」の大合唱、1ゴール1アシスト「乾貴士」の存在を忘れてる。

f:id:gunjix:20180625094942j:plain

W杯グループリーグ2戦目、グループ最強のセネガルと対戦した日本、およそ勝ち目はないだろうと予想された試合を引き分けた。試合後セネガルの監督は「(日本は)非常に技術力の有るチームで序盤沢山のプレッシャーを掛けて(我々を)快適にプレーできないようにした。後半も同じだった。我々がインパクトを与えて前に進もうとしたが技術的に質が高く5mのスキを与えると我々にとって危険な状況だった。セネガルらしいプレーができなかった」。強豪チームの監督が言うように日本はスキのないプレーで戦い抜き、勝ち点1をモノにした。1点を取られるとすぐに追いつき2点目もベテラン本田のゴールで追いついた。この本田の同点ゴールはネット上で「持ってる男」「馬鹿にしててごめんなさい」など称賛の声で溢れかえったが、1点目の同点ゴールを決め、本田の2点目でも絶妙のアシストを演出した乾貴士を賞賛する声はあがっていない。本田は「(乾)貴士のボールがスゴイいい所に来たので外したらまずいシーンだったので決められて良かったです」と語り、アシストした乾は「圭佑くんを狙って居たわけではないんですけどGKが飛び出していたのは見えたので中に(味方の)誰か(入る)と思ってダイレクトにシンプルに入れました。しっかり決めてくれたので良かったです」と語った。そして乾選手は同点に追いついた1点目のゴールについては「得意の形でした。最近の試合でもあの形から決められていたので思い切って打った結果だと想います」と述べている。1戦目は「半端ない大迫」2戦目は「1ゴール1アシスト」の乾貴士、日替わりヒーローが生まれる日本はグループリーグ突破目前の位置にいる。

FIFAランクは疑え。セネガルは「選手価値ランキング」でグループTOPだ。

f:id:gunjix:20180621211019p:plain

W杯グループリーグ初戦で番狂わせの勝利を収めた日本。次戦の相手はアフリカの強豪セネガル。初戦の勝利後、長友選手は日本が属するグループHの中で「一番強いのがセネガル」と言い、香川選手も「本当の敵はセネガル」と言い切っている。確かにFIFAランク7位のポーランドFIFAランク27位のセネガルがボールの支配力、スピードで圧倒していた事実はテレビ中継で十分過ぎるほどに見せつけられた。FIFAランクはあてにならないなという感じだが、もうひとつ「選手の市場価値」を分析し国ごとのランキングを行っている「Transfer Markt」というサイトを覗くとW杯出場のグループHの国別ランキングは大きく変わってしまう。トップは何と招集されたメンバー合計の市場価値が約400億円と算出されたセネガルだ。2位がポーランドで約344億円、コロンビアは328億円、日本選手は合計で65億円と算出されている。つまりセネガルはアフリカのチームと言うよりイングランド・プレミアリーグやイタリアのセリエAなどトップリーグで活躍するスター選手軍団なのである。選手の市場価値が高いのも当然の事なのだ。今回ばかりは日本が「勝てっこない」スター軍団セネガルが相手だが、W杯でグループリーグを突破した経験を持つ元日本代表監督岡田氏は「(セネガルの)シュートは上手くない。バイタルエリア(MFとDFの間)に穴はある。大迫ならタメを作れて厚みのある攻撃ができそうだ」と激を飛ばしている。勝敗の行方は神のみぞ知る、日本が2度目の奇跡を起こすことを祈ろうではないか。

 

 

子供もからかう「入ってませんけど?」セネガルはGK川島を狙ってる。

f:id:gunjix:20180622152400j:plain

W杯グループリーグでコロンビアに同点ゴールを許した日本のGK川島選手についてイギリスの新聞インディペンデント紙は「川島は再び日本の負担となる」と書き、4年前のW杯ブラジル大会でわずか3分間で相手に2ゴールを許した川島が再び許した今回のミスを「まるでデジャブのようだ」と酷評した。しかし、日本ではこれとは違う目線で川島への「ミスゴール」非難が噴出している。それは自分のミスでゴールを許したのに、あたかもセーブしたかのようにふるまったその態度についてである。ゴールされた瞬間に片手を上げ左右に振って「ノーゴール」を主張し主審に対して図々しくもVAR(ビデオ判定)を要求して即却下されるという無様な姿を世界に向かって晒したのだ。この片手を振ってしらばっくれる「川島ポーズ」が、さっそく子供たちの間で大流行、試合翌日の教室では忘れ物をした子供が片手を左右に振って「してないよ」と川島ポーズをマネているそうだ。英国BBCの日本選手の採点でも最低点5.82を付けられた川島選手。かつてはPKストッパーとしての定評があったGKも今やチーム最年長の35歳、自分の試合感覚の衰えを隠すための「川島ポーズ」は、次戦の強豪セネガルにはまったく通用しないだろう。というより川島が出場すればセネガルは格好の標的として強烈なミドルシュートを川島めがけてどんどん打ち込んでくるに違いない。子供たちさえすでに気づいている「疫病神」に成り下がった川島選手。西野監督はブラジル大会の「デジャブ」を見たくなかったら川島選手をGKに起用することを考え直したほうが良いだろう。

「オウンゴール射殺事件」再発か。おびえきるハンド即退場のサンチェス選手。

 

W杯グループリーグ初戦で、日本と対戦したコロンビアのMFカルロス・サンチェス選手が試合開始わずか3分でハンド即退場となってしまった。1人減った10人で残り時間を闘ったコロンビアは試合前の予想を覆し、格下のはずの日本に負けを喫してしまった。歓喜する日本とは対象的に本国コロンビアのマスコミは、サンチェス選手の退場で数的不利になったことを「コロンビアはハラキリをした」と報道した。ハラキリとは何と物騒なと思うが、コロンビアのサッカーファンの「勝負心」は日本人には想像もつかないものがある。事実、24年前の1994年アメリカで開催されたW杯に出場したコロンビアの選手が「オウンゴール」してグループリーグを敗退すると本国に帰った途端にサッカーファンによって射殺されるという事件が起こったのだ。「エスコバルの悲劇」として今でも語り継がれる話だが事件の顛末はこうだった。グループリーグを敗退後、殆どの選手は自国民の激しい非難や報復を怖れて帰国をためらい、ほとぼりが冷めるまでアメリカに留まろうとした。しかし、チームのキャプテンでもあったエスコバル選手は「自分はあのオウンゴールについて本国のファンに説明する義務がある」とたった一人で意を決して帰国したのだ。しかし帰国してすぐの7月2日の深夜、友人と行ったバーを出た所で狂信的なファンによって銃殺されてしまったのだ。犯人は銃撃の前にエスコバル選手に向かって「Gracias por el auto gol」(オウンゴールありがとよ)と叫びながら12発の銃弾を打ち込んだという。日本人には考えられないサッカーに対する狂信的なコロンビアの国民感情、すでにツィツターにサンチェス選手の「殺害予告」が書き込まれ現地の警察が現在捜査中というニュースも届いている。サンチェス選手が「ハンドありがとよ」と銃弾を浴びるのを防ぐために、何としてでもコロンビアはグループリーグ突破が必要になったと言えるだろう。

 

 

「大迫は半端ない」けど、コロンビアに「魔の手」を出させた香川も「半端ない」。

f:id:gunjix:20180620004722j:plain

W杯グループリーグ初戦、日本はおよそ勝ち目はないと予想されていた格上コロンビアに番狂わせのゲーム展開で勝利した。1−1の試合後半、本田が左サイドからのコーナーキックをゴール前に送ると、これに大迫が頭で合わせてもぎとった決勝点がSNS上では一番の大きな話題となっている。「大迫は半端ない」がネット上でホットワード化しているという。しかし、この奇跡の勝利のドラマのきっかけは試合開始わずか6分であげた香川選手のペナルティキックの成功だろう。試合後、香川選手は「しっかりと冷静に蹴ることができた。上手くGKのタイミングを外すことだけを考えた」とそのゴールシーンを振り返ったが、実はこの貴重な先取点を決めるためのシナリオは試合開始直後からあったのだ。日本はキックオフから積極的に攻め開始3分には大迫がゴール前でGKと1対1の場面を作った。左足で放った大迫のシュートはキーパーに防がれたがすぐ後ろに付けていた香川が跳ね返ったそのこぼれ球に反応して狙いすましたダイレクトシュートをワクないに向けて正確に放ったのだ。このシーンで「やられる」と思ったコロンビアのサンチェス選手が思わず手を伸ばして防いでしまった。手に当たらなければ確実にゴールしていた場面、サンチェス選手のこのシュート妨害の行為は運悪くレフェリーの目の前だったためにレッドカードで一発退場になってしまつたのだ。香川のシュートに手を伸ばせば一発退場になることぐらいプロの選手ならすぐに分かる話だ。「冷静に決めようと」狙いすました香川の「半端ない」気迫に押されてつい「魔の手」を伸ばしてしまったというのがサンチェス選手の本音だろう。グループリーグ残り2試合、香川選手が見せた「半端ないプレー」で日本が一次リーグ突破できることを願いたい。

W杯の視聴率99.6%、「残り0.4%はピッチにいた」アイスランドFWの名言。

f:id:gunjix:20180619102232j:plain

何が起こるかわからないワールドカップの試合。初戦で強豪アルゼンチンと対戦した初出場のアイスランドは出場国史上最も少ない人口35万人(新宿区の人口と同じ)の国。その国のチームが人口4,000万人を超えるサッカー王国アルゼンチンと互角のゲーム展開をしたことに驚かされた。しかもサッカー界の世界NO.1のスター選手であるメッシを擁したアルゼンチン、アイスランドが勝てるわけがないというのが大方の予想だったのに戦いを終わってみれば1−1のドロー。アイスランドの思わぬ善戦で引き分け濃厚な後半19分にアルゼンチンが得たPKを何とアルゼンチンの至宝メッシが失敗するという運も味方にしてのアイスランドの引き分け試合だった。思いもよらぬお互いの伯仲したゲーム展開の結果、アイスランド国民のテレビ視聴率は驚異の99.6%を記録したという。国民のほぼすべての人々がテレビの前に釘付けになっていたというこの視聴率の記録には圧倒されるが、それだけでは無かった。この試合でアルゼンチンに1点先取されながらも貴重な同点弾を打ち込んだアイスランドのFWアルフレズ・フィンボガソン選手(上の写真)がこの99.6%の視聴率を知らされると「残り0.4%はピッチにいたんだよ」という名言を吐いたのだ。つまり、常識的にはどうでもいいと思われる残り0.4%についても答えを出そうとするそのスピリットこそが「奇跡の引き分け」を生んだのかもしれない(笑)果たして、日本代表選手はコロンビア戦のあとでこれだけの「名言」を吐くことはできるだろうか。

 

デマ拡散の大阪地震の95年前、芥川龍之介も関東大震災のデマに乗せられた。

f:id:gunjix:20180618185741j:plain

大阪を不意に襲った震度6弱地震地震の後、ツィツターやSNS上に事実ではないデマ情報が投稿され拡散した。「京阪電車が脱線してる」とか「京セラドームの屋根に亀裂が入っている」さらには「シマウマが脱走」というデマもあった。そんな中、外国人への差別意識を煽るような投稿もあったという。「外国人は地震に慣れてないから真っ先にコンビニ強盗をするか空港に殺到する」というデマ情報、それで思い出されるのが95年前に起こった関東大震災でデマ情報を信じた日本人の手によって多くの在日朝鮮人が虐殺された事件だ。「大震災の混乱に乗じて在日朝鮮人が放火や凶悪犯罪や暴動を画策している」というデマが拡散し、東京都内でも町内会ごとに自警団を組織し朝鮮人虐殺が始まったという。この頃、小説家の芥川龍之介も自宅の有る田端で組織された自警団に加わっていた。近所付き合い上のやむを得ない芥川の自警団入りだったとされるが、彼が記した「大震雑記」の中で友人の小説家菊池寛と交わした会話が載っている。芥川は「(関東大震災の)大火の原因は不逞鮮人の放火だそうだ」と菊地に語り、「嘘だよ、君」と菊地に一喝されたという。さらに芥川は「不逞鮮人はポルシェヴィッキ(ロシアの暴力革命家)の手先だそうだ」と言うと菊地は「嘘さ、君そんなことは」と芥川を叱りつけたという。約1世紀前、日本を代表する知識人でもあった芥川龍之介でさえ根も葉もないこんなデマ話を半ば信じているかようなその口振りには驚きを禁じ得ない。ひいては95年前の我が国で起こったデマによる大量殺人の悲劇が現代でもスマホを介して起こりうることを今回の地震デマ騒動でふと感じるのは、私ひとりの老婆心だろうか。