ノーネクタイのMy Way

ネクタイを外したら、忙しかった時計の針の回転がゆっくりと回り始めて、草むらの虫の音や夕焼けの美しさ金木犀の香りなどにふと気付かされる人間らしい五感が戻ってきたような感じがします。「人間らしく生きようや人間なのだから」そんな想いを込めてMywayメッセージを日々綴って行こうと思っています。

不敵な「笑い」を忘れた村田諒太、あのスーパー王者ゴロフキンが笑ってる。

f:id:gunjix:20181021180729j:plain

米国ラスベガスで行われたWBA世界ミドル級タイトルマッチでチャンピオンの村田諒太選手は2度目の防衛戦で同級3位のロブ・ブラントに0-3で判定負けを喫した。テレビで観戦していた限りでは両者互角の戦いのようにも見えたが、ラウンドを重ねる内に村田選手の顔面がみるみる腫れ上がりブラント選手の執拗なジャブ攻撃が村田選手にかなりのダメージを蓄積させていったことが良くわかった。村田選手のワンツーの打ち終わりには必ずそれ以上のジャブを顔面めがけて打ち込んでくる、ブラント選手はテクニックにおいても村田選手より勝っていた印象があり、11R目にはダメージの蓄積によって「足元がふらついた」と村田選手は正直に語っている。そして大差の判定によるブラント選手の勝利、「5回の倒せるチャンスで倒せなかったのがすべて」と試合後に語った村田選手。この日の試合でもう一つ前回までの試合と違っていたのは村田選手の不敵な「笑い」、「笑って殴られたら相手も怖いと思うだろう」と話していた村田選手の不敵な「笑い」を浮かべながらの攻撃が1Rでは見られたもののラウンドを重ねる内にすっかり消えていったのだ。この事を記者から質問されると村田選手は「(表情が)変わりました?僕自身は気付いてなかったです」と語ったのだ。今回の敗戦であの憧れていた元世界統一王者のゴロフキンとの対戦も消滅した。「そういう運命になかったというか、自分の実力がそこに達していないというのを改めて知るきっかけになった」と村田選手は答えている。果たして彼の「不敵な笑い」がリングに戻ってくる日は来るだろうか。

「生きたまま切断」サウジアラビアではこんな殺し方はごく当たり前。

f:id:gunjix:20181020120831j:plain

世界中が震撼したサウジアラビアのジャーナリスト「ジャマル・カショギ氏」がトルコにあるサウジアラビア総領事館に呼び出され、生きたまま切断されたというニュース。トランプ大統領を始め世界各国がはじめは半信半疑だったこのニュースがどうやら事実だったことが解り始めて驚愕している最中だ。なぜこんな理不尽で残虐な殺人事件がトルコにあるサウジアラビア総領事館内で起こせるのか。常識では考えにくいがサウジアラビア人から見ればごく当たり前の殺害方法だという事に驚かされる。剣を使って首を切り落とす斬首刑や囚人が死ぬまで石を投げ続ける石打ち刑など世界に例を見ない残酷極まる死刑執行制度を現在も続けているサウジアラビアは死刑執行の人数でも群を抜いて世界一、しかも弱者に対する死刑執行が平気で行われている国だ。インドネシアからサウジアラビアに出稼ぎで来ている家政婦が雇用主に反抗しただけですでに32名もの死刑判決を受けている国なのだ。国家ぐるみの人殺し集団、それが中東の国サウジアラビアの本当の顔なのだ。今回のジャーナリストカショギ氏の処刑も国の政治を独裁しているムハンマド皇太子の政治に対する批判を行ったからだとされている。人一人の命をこれだけ軽く扱う国サウジアラビアにたいして世界各国は北朝鮮以上の「経済制裁」を課して、残酷な処刑の習慣を改めさせる必要があるだろう。しかし、殺害の一部始終の音声を聞かされて一時は顔色を変えたトランプ大統領ムハンマド皇太子からの「関係者を全員処罰した」というミエミエの嘘を信じてどうやらこの事件は幕を引くことになりそうだ。

ドタキャンの沢田研二、スター気取りしてるけど裁判したら「負ける」。

f:id:gunjix:20181019111940j:plain

さいたまスーパーアリーナで開催予定だった沢田研二の公演が当の本人のわがままで突如中止になった事件。その理由は、9,000人入れる約束だった観客数が7,000人だったことが「最初の契約違反だ」ということらしい。歌手の公演の契約は大まかに言うと①期日までに公演のギャラを支払うこと。②演出に必要な機材を期日までに揃えること。③約束した観客動員数を守ること。なのだが、さいたまスーパーアリーナ側が観客動員数を満たせなかったことを理由にしての今回のドタキャンだった。しかし、いくら契約上の理由とは言え、70歳の沢田研二のこうしたわがままは法的に見て許されるものなのだろうか。日本テレビの番組「スッキリ」に出演した菊地幸夫弁護士は「沢田さんの今のメッセージと同じレベルで主催者の方が考えているのか。契約としてそれが明確になっているのか、そこが問題となるところなのかもしれませんね。口約束ぐらい、ポリシーぐらいで語っているぐらいのレベルだったらキャンセルしても帰るということはもしかすると法律の上から見ると正当化されないかもしれない」と語っている。つまり主催者側のスーパーアリーナ側が、沢田研二のこうしたわがままなドタキャンによって生じた4,000万円の損害賠償を求めて裁判に訴えたら沢田研二は「負ける」公算が大なのだ。沢田研二は14年前の2004年にも観客動員数が足りないことを理由に同じようなドタキャンを行っている。わがままがいつでも通ると錯覚している沢田本人に「お灸をすえる」意味でもさいたまスーパーアリーナ側は、すぐにでも沢田研二を告訴することに踏み切るべきだろう。

視聴率を取れない「有働アナ」、ウケない理由はそのキャラにあり。

f:id:gunjix:20181016191009j:plain

NHKを辞めて民法のニュースキャスターに転身した有働由美子アナウンサー。彼女がキャスターを務めて2週間が経過したnews zeroの視聴率が急降下している。その理由として挙げられているのが前任の村尾キャスターがしていたようなニュースについての「掘り下げたコメント」を彼女はすることが出来ず、この時間帯のニュース視聴者であるサラリーマン層にまったく受け入れられていないからだという説だ。今年6月に週刊誌が行った「好きなアナ嫌いなアナ」のアンケート結果を見ても、女性アナ部門で好きなアナの2位にランクしながら嫌いなアナでも6位にランクインし、視聴者側の「好き嫌い」に大きな幅があることがわかった有働アナ。これまで彼女の人気を支えてきたのは中高年主婦層であり、彼女独特の軽妙なトークが人気を博してきたのだが、夜遅くの報道番組ではむしろその軽妙さがアダになっていると言えるのかもしれない。つまり、有働アナは男性サラリーマン層が主に視聴するニュース番組のキャスターとしては不向きであり、むしろ中高年主婦層向けのバラエティ番組でこそ彼女のキャラクターを十分に発揮できる場があると言えるのではないだろうか。NHKとは違って何よりも視聴率優先の民放テレビ局で、自分のキャラクターとはマッチしないニュースキャスターという仕事に飛びついてしまった有働アナ、NHK時代には考えもしなかった「視聴率」という残酷な数字を突きつけられて、このまま「キャスター降板」という悲惨なシナリオへと至ってしまうのだろうか。

 

「ものすごい試合をしたんじゃないか」キャプテンも驚いた強豪ウルグアイ戦。

f:id:gunjix:20181017132940j:plain

強豪ウルグアイから4点をもぎとったサッカー日本代表。この試合で日本代表のキャプテンを務めたベテラン選手吉田麻也は試合後「正直ものすごい試合をしたんじゃないか」と2得点した南野選手や決勝弾を放った堂安選手ら若手の躍動ぶりを振り返って「本当にビックリしてます」と驚きを隠せない様子だった。欧州リーグで二ケタ得点を2年連続で挙げながらこれまで日本代表に招集されなかった南野選手(上の写真)の目を見張るような活躍、中島選手の絶妙のアシスト、前線の4人で14本のシュートを打ち4得点を奪ったアグレッシブなその戦いぶりは、「これが日本代表?」と思えるほど素人目にも感動的なゲーム展開だった。相手のウルグアイも点を取られれば取り返すというFIFAランク5位の意地を見せたが同点にされても日本代表チームの勢いが止まることはなかった。後半42分に交代でピッチに入った原口選手は「全員イケイケ過ぎて『これ交代する必要ないでしょ』とベンチで思っていた」と述べている。4得点しながら3失点という守備の拙さも確かにあったがこれについてキャプテンを努めた吉田選手は「全員の意識が噛み合わないといけない」と苦言も。サッカー評論家のセルジオ越後氏も「勝利に浮かれるのも良いけど3失点したことを忘れてはいけない。今後求められるのは継続性だ」と「勝って兜の緒を占めよ」と警告している。ともあれ新生サッカー日本代表の目を見張らされた「猛攻」に拍手を贈りたい。

本田・香川・岡崎よサヨウナラ、ビッグ3は南野・堂安・中島にリニューアル。

f:id:gunjix:20181016230401j:plain

W杯で2度優勝の歴史を持ちFIFAランク5位の南米の強豪チームウルグアイと日本代表の試合をテレビ観戦していて実に見ごたえがある試合だった。これまでの日本代表の動きとはまるで違うスピード感とテンポの良いゲーム運びにはまず驚かされた。そうあのビッグ3と言われた本田・香川・岡崎の3人がいない若手中心の日本代表メンバーのせいなのだ。最初のゴールは中島翔哉がアシストしたボールを南野拓実が強烈なシュートで決め、同点とされた後の36分には中島選手の勇気を持ったミドルシュートのアシストで大迫選手が勝ち越しゴールを決めた。後半に入ってまもなく堂安律が酒井選手とワンツーで抜け出し左足で冷静にシュートをゴールポストへと流し込んだ。さらに堂安選手が放った強烈なシュートを相手キーパーが弾いたボールに南野選手が素早く反応してゴールポストにネジ込み得点を挙げた。強豪ウルグアイと互角に渡り合った日本代表のかつて見たことのないアグレッシブな攻撃スタイル、その中心に居たのが南野拓実・堂安律・中島翔哉の3人の選手だ。我々が目の当たりにした全く新しいスタイルの日本代表のゲーム運び、見るたびにつねにストレスを感じさせらていた本田・香川・岡崎が中心だった日本サッカーのあらたなる世代交代、新ビッグ3とも呼ばれ始めているこの3人の活躍でFIFAランク5位のウルグアイに勝てたのだから日本がFIFAランク10位以内に入ることも遠い夢の話ではないかもしれない。

「ボーっと生きてんじゃねーよ!」チコちゃんは「喝」張本氏と同じキャラ?

f:id:gunjix:20181015224027j:plain

NHKのバラエテイ番組「チコちゃんに叱られる」が驚異的な高視聴率を上げているという。おかっぱ頭の5歳のチコちゃんというキャラクターの決めゼリフ「ボーっと生きてんじゃねーよ」がすでに今年の流行語大賞に「ノミネートされるべき」だというウワサまでSNS上に飛び交っているという。冷静に考えればこの「決めゼリフ」は普通に暮らしている人々が別に疑問にも感じず見過ごしてきているさまざまな「事柄」について5歳のチコちゃんから注意を喚起させられる凡人にはちょっぴり耳に痛い言葉なのだ。SNSの投稿に「70歳のこころにグサッと突き刺さる感じがします。でも面白いしガンバロウという気になります」というお年寄りからの声があったが、5歳のチコちゃんが発する「ボーっと生きてんじゃねーよ」だから許せるし、叫ぶ相手が番組のゲストに向かってだから傍観者である視聴者は笑って済ませられてると言うわけだ。人生をただボーっと生きてるだけの私達に「喝」をいれてくれるこの番組、それで思い出すのがスポーツ選手にことごとく「喝」を入れ続けているプロ野球界の「ご意見番」の張本氏だろう。彼への批判はSNS上に蔓延しているが、それでも彼の辛口の意見に、ついつい耳を傾けてしまう人は多いのだ。どうやら多くの日本人はチコちゃんと言い張本氏と言い、思いっきり「喝」を入れて叱ってくれるキャラクターが大好きなのかもしれない。でなければあれほどの高視聴率を続けられる人気の理由が見当たら無いではないか(笑)