読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ノーネクタイのMy Way

ネクタイを外したら、忙しかった時計の針の回転がゆっくりと回り始めて、草むらの虫の音や夕焼けの美しさ金木犀の香りなどにふと気付かされる人間らしい五感が戻ってきたような感じがします。「人間らしく生きようや人間なのだから」そんな想いを込めてMywayメッセージを日々綴って行こうと思っています。

540年前、足利将軍に壊れた茶碗を返品した中国のイキな気くばり。

f:id:gunjix:20170525153407j:plain

上野の国立博物館に「茶の湯展」を見に行った。日本の茶道の歴史を振り返る多くの展示品が並ぶ中に面白い青磁の茶碗を発見した(上記写真)。この茶碗は、700年以上前の13世紀中国の南宋時代に焼かれたものだが、平安時代南宋から献上され平重盛が所有していたとされる。その後200年を経過してこの青磁茶碗は室町時代の将軍足利義政の所有するところとなった。しかし、200年の時代を経てこの茶碗はあちこちにひび割れが生じていたため、足利義政は当時は明の時代に変わっていた中国へこの茶碗を送り同じものを求めようとしたのである。それに対する中国側の返答は「200年以上前の南宋時代の青磁茶碗を焼く技術は現在(明時代)すでに無くなっているのでこの茶碗を返品したい」と足利義政のもとに青磁の茶碗を送り返してきたのである。返品された茶碗を見てみるとひび割れした部分に金属のカスガイが何か所も打たれ補強された状態で戻されてきたのである。この打たれたカスガイを見て、蝗(イナゴ)があしらわれていると見立てて、この茶碗は馬蝗絆(ばこうはん)と足利義政によって命名され、茶碗の銘品として代々伝えられ、現在では国の重要文化財になったのである。700年前の平安時代に日本へ渡来し、540年前の室町時代にカスガイで補修され、そして平成時代のいま目の前に存在しているという奇跡的な逸品。この青磁の茶碗が辿ってきた700年の歴史に思いを寄せれば、人間の80年程度の歴史がナゼか小さなものに思えてくる銘品「馬蝗絆(ばこうはん)」とのまさに感動的な出会いであった。

TVCM2本見てる間に充電完了。秒速スマホ充電器が年内デビュー。

f:id:gunjix:20170525005530j:plain

スマホの充電がもっとスピーディにどこでも簡単にできる充電器は無いものか。誰しもそう感じている充電作業が、15秒のTVCMを2本見る間に出来てしまうスマホ用充電器、しかもそのサイズはスマホと変わらないという画期的な充電器が年内にも商品化の予定だと言う。すでにノートパソコンサイズの充電器を発売し、その性能が高い評価を受けているStoreDot社の新製品(上記写真参照)なのだ。ギャラクシーの次々と起きたリチウム電池の爆発事故をふと思い出して技術的には問題ない製品なのかと心配になるが、StoreDot社はナノテクノロジーで定評がある企業でエレクトロニクスに加え物理・科学・生物学などのエキスパートが集合して研究開発を行っている最先端企業なのだ。さて、新製品の「秒速充電器」は、ご覧のようにスマートホンの背後に隠れてしまうほどの小型サイズで、この画像にあるように時計の針が30秒のところでフル充電が表示されている。普通の電池は電解質を使って電子を生成するがStoreDotの電子の生成は量子ドットとナノ結晶溶液で生成するため一般の電池の5倍という強力な電子が秒速で作れるのだという。難しい科学的な説明はともかく「秒速充電」が外出先でも可能となればビジネスマンにとっては強力なアイテムになるに違いない。発売価格は30ドル(3万円台)程度と予想されているが、これだけの性能と持ち運びの手軽さがあれば、値打ちのある充電器だと言えるだろう。今から日本での発売が待ち遠しい。

ニッポンは世紀末か、ノー・コミットメント・シンドローム。

f:id:gunjix:20170521215948j:plain

テレビを見ていたら、ある評論家が現代の若い世代を「ノー・コミットメント・シンドローム」だと解説していたのが非常に興味深かった。つまり、結婚適齢期になっても結婚しない、出産できる年齢の間でも出産しない、住宅ローンを組める年齢でもマイホームを購入しようとしない、こうした人々を評して言ったのだが、要するに自分の人生の中での大きなイベントにコミット(参加)することを避けている現象をシンドローム(症候群)と呼ぶのだという。評論家は言葉を続けて「つまり、いまの若い世代は人生の重要な場面々で責任を取ることを避けようとしている無責任な世代だ」と断じたのだ。我々シニア世代は結婚適齢期になれば結婚し、子供を作り、マイホームを購入する、というのがごく普通のあたりまえの生き方だと思っていたのが、統計の数字を見る限りでは、現在の若い世代が、この指摘通りの嘆かわしい数値を示しているのは明解な事実だろう。第2次大戦後ニッポンは世界中を席巻するほどの壮年期のパワーを有していた国だったのに、わずか半世紀の間に少しづつパワーを失ってきて、今や若い世代の考え方までがエネルギー不足のまま老成化してしまっているというニッポンの情けの無い現状。この先、日本は一体どこへ向って行くのだろうか。未来へと向かう船「日本丸」の舵を握るのはもちろん若い世代の人々だ。死へと向かいつつある我々シニア世代と違って、夢のある未来への舵取りを担う若い世代こそ、懐疑的・退廃的な世紀末思想のような生き方を捨てて、活気のあるニッポンを再び取り戻してもらえまいか、と老婆心ながら思うのだ。

ヤンキースのマー君、ホームラン一発病を治す「決め球」。

f:id:gunjix:20170523011247j:plain

4月に無四球の完封勝利をあげ、復調の兆しを見せていたヤンキース田中将大投手が5月は一転、ホームラン病に罹ってしまっている。5月14日のアストロズ戦で4本塁打で8失点、20日のレイズ戦では3本塁打6失点と惨憺たる投球内容だ。試合後のインタビューで田中投手は「自分の技術不足、原因は分かっている。やることは自分の中ではっきりしてるので、それをやっていくだけ」と次回の登板までにピッチングを修正してみせると明言している。しかし、彼が2試合連続で罹ってしまっている「ホームラン病」はそんなに簡単に修正できるのだろうか。ヤンキースの投手コーチは「踏み出す足が開いてきて腕が引っ張られて追いつかないことで、投球アングル(角度)とプレートまでの(球の)到達速度が変わっている」とその原因を分析して見せるが素人にはまったく意味がわからない。田中本人や投手コーチのこうした原因分析とは別に、田中投手の今シーズンの投球データを見てみると気になる数字がある。合計7本塁打を献上した2試合だけでも田中が打者を三振に切って取るのに欠かせないスプリッター(高速フォーク)を投げた数が昨シーズンに比べて半分以下と極端に少ないのだ。田中がなぜ必殺スプリッターの投球を控えているのか、その結果として多くのホームランを浴びているのだから昨シーズンと同じように多投すべきでは無いかと素人ファンとしては思うのだが。スプリッターはヒジや肩への負担が大きい球種だから「ひょっとして?」と2年前の故障を思い出してしまう。弱り目に祟り目ではないが、素人ファンのこうした杞憂を、次回の登板ではぜひ田中投手に完璧な投球で払拭してもらいたいものである。

3連続KO防衛、相手の出方を見切ってしまう井上尚弥の動物的なカン。

f:id:gunjix:20170522002338j:plain

プロボクシングWBOスーパーフライ級タイトルマッチ。井上尚弥と対戦した同級2位のリカルド・ロドリゲスは試合前、「井上は接近戦に弱いのでそこを突く」と語り、対する井上は「自分の距離に入れなければいい。そうすればロドリゲスのボクシングは通用しない」と語っていた。いざ試合のフタを開けてみると3ラウンドで井上の強力なフックでロドリゲスは2度ダウンし、KO負けを喫したのだ。試合後、ロドリゲスは「井上は偉大な王者だ。非常にパワフルだ。リズムを掴みかけていたところでフックをもらって終わってしまった。敗因は自分の不注意だった」と語った。この「自分の不注意」というロドリゲスの敗因発言を聞いた井上は「あそこは(自分としては)狙っていた」んだと苦笑し、3回のKOシーンを振り返った。「ロドリゲスの入り方(攻め方)は1ラウンドでわかった。2ラウンドから相手がプレスを強めてきたのでこれはいける(KOが狙える)なと思っていた」と述べ、KOに仕留めたフックは相手の左からのパンチに合わせたモノだったと語った。これでタイトル防衛を3回連続のKO勝利で飾った井上尚弥の強さのヒミツは、互いの探り合いの中で相手の出方を見切ってしまう動物的なカンによってKOのシナリオを描けるという点にある。さらに今回の試合の反省点として井上尚弥があげたのが「スパーリングと実際の試合では間の取り方がほんの少しズレがあった。ほんの数センチ数ミリだけど」。若干24歳のハードパンチャ―は厳しい練習を積み重ねて得た精密機械のようなその動きと相手の出方を一瞬で見切ってしまう動物的なカンとによってこれからも多くのKOシーンを見せ続けてくれるに違いない。

誰もが「勝った」というミドル級王座戦でも「負け」と村田の顔に書いてある。

f:id:gunjix:20170521011833j:plain

ボクシングWBAミドル級タイトルマッチで村田諒太選手が、相手からダウンを奪いながらも判定負けをしたことに、多くのファンだけでなくプロの選手からもジャッジへの不満が噴出している。かっての同じWBAミドル級で世界チャンピオンだった竹原慎二氏は「5ポイント差ぐらいで勝ったと思った。でも手数が少なかったね、そこをジャッジに取られた」と語った。当の本人である村田選手は試合後のインタビューで「手応えはあった。採点は相手のジャブを採ったということ」と述べ判定負けの結果については「気持ちの整理が必要です」とだけ語っている。一方、思わぬ判定勝ちを手にしたエンダム選手は「村田は右のパンチは強いがコンプリート(完璧)な選手では無い、自分はそこを突いた。村田より多くのラウンドを取って勝ったと思った」と述べている。WBAが採用している採点方式はラウンド・マスト・システムと呼ばれ、ラウンドごとに出来るだけ両者のポイントに差を付ける、という採点方式を採っている。3人のジャッジは村田選手が言ったようにエンダム選手のこまめに繰り出すジャブを評価し、一方で村田選手の手数の少なさを減点し、そのラウンドごとのポイント差を積み重ねて、2-1という採点結果を導き出したというわけだ。我々素人は明らかに村田選手の「勝ち」を信じたが、エンダム選手のジャブは正確に村田選手の顔をヒットし続ける有効打としてジャッジに大いに評価されていたわけだ。確かに、試合後はいつもキレイな顔のままでインタビューを受けていた村田選手の今回の試合後のインタビューは、痛々しいほどに擦り傷だらけだった。まさに、村田選手の顔に「負け」と書いてあるかのように見えたのだ。

奇跡を2回起こした聖人マザー・テレサその人生も奇跡だった。

f:id:gunjix:20170520010135j:plain

ノーベル平和賞マザー・テレサが、昨年、死後わづか19年でカトリックローマ教皇から聖人に列せられ大きな反響を呼んだのは記憶に新しい。フランスの歴史上のヒロインであるジャンヌダルクでさえ聖人に列せられたのは死後489年も経った1920年だったのに比べ、短期間での聖人認定にカトリック教徒の中で批判の声があがった。また聖人になるには歴史的な殉教者であるか奇跡を2度起こすことが条件になるが、マザー・テレサが認定されたのは、インドの女性とブラジルの男性がマザー・テレサに祈りを捧げてガンが治ったという2度の奇跡が理由とされるが、これについても医学会から疑問の声が出ていたのだ。では、マザー・テレサは「聖人」に値する「奇跡」を起こして居ないのだろうか。その答えは彼女の人生を振り返ってみればすぐに見つかる。ルーマニア人の両親から生まれたテレサアイルランドに渡り18歳で修道女となり、自ら希望してインドの修道院へ赴き、38歳で修道院を出て貧民街に居を構えて貧しい人々の奉仕活動を始めたのだ。マザー・テレサの起こした本当の「奇跡」は実はここから始まった。貧しい人々に懸命に奉仕を続ける彼女の姿に心打たれて、奉仕活動を手伝う人々、教会や地元の裕福な人々からの寄付など彼女が起こした活動の輪がどんどん広がりを見せ始めたのだ。彼女が設立した「神の愛の宣教者会」は教え子12名と活動を始めたのが、「もっとも貧しい人々のために働くことが使命」というテレサの願いに賛同し、奉仕活動に参加する修道女がやがて世界145の国と地域に広まり4800人の修道女たちがマザー・テレサの「死に行く人々、誰からも見捨てられた人々を助けたい」という想いに共感して活動するまでになったのである。このマザー・テレサのひたむきな足跡と共感する人々の輪こそが聖人に値する「奇跡」そのものなのだ。バチカンはガンが治った怪しげな2度の奇跡の認定では無く、マザー・テレサ自身の歩んだ人生そのものを聖人に値する「奇跡」と認定すべきだったと思われる。