ノーネクタイのMy Way

ネクタイを外したら、忙しかった時計の針の回転がゆっくりと回り始めて、草むらの虫の音や夕焼けの美しさ金木犀の香りなどにふと気付かされる人間らしい五感が戻ってきたような感じがします。「人間らしく生きようや人間なのだから」そんな想いを込めてMywayメッセージを日々綴って行こうと思っています。

アメリカが、空から金正恩に贈り物、電磁パルス攻撃とは。

f:id:gunjix:20170922004346p:plain

北朝鮮は先日行った水素爆弾の実験を踏まえて「この水爆を高空で爆発させ電磁パルス攻撃を加えることもできる」と発表した。電磁パルス攻撃とは一体何なのか。これは核爆発によって発生する強力な電磁波でその国の発電所交通機関や電子機器などの生活インフラを一瞬にして破壊してしまうという攻撃なのだ。方法としては広島や長崎の地上付近での核爆発とは違い高度100㎞の上空で核爆発を起こさせ、その際に発生する強力な電磁波でミサイルなどの兵器をはじめ電子機器類の機能をすべて破壊してしまうというもので、地上に居る人間にはまったく影響が出ないとされる攻撃方法だ。しかし、この電磁パルス攻撃はアメリカがすでに55年前から実験を繰り返し確実に攻撃成果を得られることも実証済みの攻撃方法であり、実際に空中での爆破実験の経験がまったく無い北朝鮮が現実に電磁パルス攻撃を成功させられるとは考えにくい。北朝鮮が電磁パルス攻撃の可能性を発表した直後にアメリカのマティス国防長官がアメリカが先制攻撃した場合に「北朝鮮の報復攻撃があってもソウルが危険に晒されない方法がある」と語ったのはこの電磁パルス攻撃を念頭に置いての発言であったのかもしれない。まず電磁パルス攻撃で北朝鮮のミサイルなどの兵器の機能を一瞬で破壊し、同時に生活インフラも破壊してしまえば北朝鮮は報復どころの話では無くなるだろう。次なる挑発を「贈り物」と表現した金正恩だが、逆にアメリカから「電磁パルス」という空からの贈り物を受け取ることになるのかも知れない。

自撮り棒が第1位「世界が驚く日本の発明」意外過ぎるベスト10。

f:id:gunjix:20170920210505j:plain

アメリカのニュース専門テレビCNNが「世界を変えた日本の発明」をランキング形式で発表した中身が日本人にとっては意外過ぎる結果になっている。ベストテンでは1位自撮り棒、2位カラオケ、3位絵文字、4位トヨタカローラ、5位インスタントラーメン、6位任天堂のゲーム機、7位ソニープレイステーション、8位ソニーウォークマン、9位うま味調味料、10位四角いスイカ、がランクインした。ベストテン以下ではVHS、柔道、源氏物語、新幹線、ポケット電卓、食品サンプルポケモン、LEDライト、ノートパソコン、航空母艦、カーナビ、3Dプリンターなどがあるが、海外の目から見た日本の発明品は様々な分野に広がりを見せていることに驚かされる。第2次世界大戦直後の60年~70年ほど前までの世界中の評価は「何でもマネをするニッポン」が代名詞だった我が国がいまや世界中から「オリジナルを想像できる国」という評価をされるようになったことに我々シニア世代は感慨深いものがある。しかしこのランキング結果を見て日本の過去の発明について感慨にふけるほど世界は甘くないのが現実だ。スマートフォンの世界では日本のメーカー各社はアップル社のiフォンが登場した10年前から存在感が薄れ始めて現在では世界のシェアでは瀕死の状態だ。過去20年の世界での栄光の日々を懐かしむより未来の20年を世界の中でニッポンはどう生きてゆくのか、日本丸の20年先の運命は平成生まれのいまの若者世代の双肩に委ねられているのではなかろうか。「頼んだぞ、ニッポンの若者たちよ!」

日本の歴代打率1位よりMLBでのサバイバルを選んだ青木宣親。

f:id:gunjix:20170919184656j:plain

今シーズン所属球団が3回も変わると言うMLBに移籍後初めての波乱続きのシーズンを送っている青木宣親選手が9月はじめに移籍したばかりのメッツで絶好調の打撃を続けている。移籍後に出場した15試合で打率は.317、出塁率が.388とその卓越した打撃テクニックをMLBファンに見せつけている。先月突然にブルージェイスを戦力外になりメッツ入団がきまるまでの間トロントの公園でたった1人でバットを振っていたという青木選手。この時期日本では青木選手が古巣であるヤクルトへ復帰するのではないかと噂された。何故なら青木選手はあと100打席日本で打席に立てばプロ野球の通算打率で歴代1位になれるからだ。しかし、野球人生で初のピンチに陥った青木選手は、日本球界へ戻らずにMLBでの過酷なサバイバルゲームの方を選択したのだ。MLBでの青木選手の通算打率は過去最低で.272最高で.288、通算では.285とメジャーリーガーの平均打率.255をはるかに上回る打撃成績を毎シーズン残してきている。現在メッツでの活躍が目覚ましい青木選手についてニューヨークデイリーニュースは青木をUnsung Hero(陰のヒーロー)と評しMLB公式サイトの記者は「アオキは優秀で厄介で曲者だ」と語っている。今シーズンこれまで所属したアストロズ、ブルージェイスではベンチを温める機会が多かったが先発出場の機会が多いメッツではさらに青木の打棒が冴えわたることが今後も期待できそうだ。帰国して日本の歴代通算打率の記録を塗り替える偉業より厳しいMLBで生き抜く道を選んだ35歳のメジャーリーガー青木宣親、今後のさらなる活躍に期待したい。

いま解散総選挙すればアベ自民党は小池ファーストに敗れる。

f:id:gunjix:20170919094356j:plain

安倍首相が田原総一郎のアドバイスを受けて解散総選挙に踏み切る気配が濃厚だ。「なぜこの時期に?」と周囲が訝る今の時期に打って出るという機略はいかにも安倍首相らしい。8月の内閣改造政党支持率が回復し安倍人気も回復した、さらには離党者が続出している民進党の迷走ぶりや最大の対抗馬と目される「国民ファーストの会」はまだ組織すら出来上がっていない、こんなまたとない選挙のチャンスを見逃せない、というわけだ。さて、学園シリーズのスキャンダルが解決してない今、国民はどういうジャッジを安倍自民党に下すのだろうか?安倍首相の思惑通りに国民の大多数のおバカ達は自民党に1票を投じるのだろうか。そうは簡単に行かないのが世の常である。一向に景気が良くならない安倍自民党政権が全面勝利とは行かないのでは無いのか。2か月前、小池百合子都知事が旗を振った「都民ファーストの会」が都議選で自民党を圧倒し第1党に躍り出た記憶はあたらしい。つまり無策を続ける自民党を嫌う選挙民が確実に存在することはあの都議選の結果が証明している。女性初の首相の座を狙う小池女史の反自民軸足を置いた選挙手法は圧倒的に選挙民の高い支持率を獲得し続けて居る。「今回の選挙には間に合わないだろう」という声もあるが、策士でもある彼女の事だ、弱体化している野党陣営を急きょ結集し彼女が率いる「国民ファーストの会」が一発逆転でアベ自民党に取って代わるかもしれない。「国民は自民党を盲信し続けるほどバカでは無い」世の中の空気が読める小池ファーストの会が10月の解散総選挙で2か月前の都議選の結果のように一発逆転もありうる状況なのだ。

あとの祭り、このハゲー豊田議員の命乞いテレビ出演。

f:id:gunjix:20170918104729j:plain

今年の流行語大賞に当選確実な「このハゲ―!」の主役である豊田真由子議員が事件発覚後3か月にわたって雲隠れし続けていたが、昨日とうとうテレビ番組に出演し、国会議員を続けるための命乞いを行った。インタビュアーの宮根氏の質問に答えるというカタチでの謝罪会見であったが、どんなに言い訳をしてみたところであの強烈すぎる罵声の数々が人々の記憶から消え去るとは思えない。東大卒でこれまでエリート女史としての輝かしいキャリアの道を歩んできた豊田女史が、たった数分の罵声のボイスメモによって人生が暗転してしまうという出来事はまさに皮肉な出来事だった。そのミステークを消しゴムを使って消し去り再びエリートの王道を進むために行ったテレビインタビュー。その内容は何も人々に訴えるものが無く、会見のビデオを見ていたニュース解説の木村太郎氏が「この人は駄目だね」と切って捨てた。彼曰く「人を育てるのに怒鳴っちゃダメ、(彼女には人を)育てる態度がまったく無い」とも述べた。確かに上に立つ人間に人を育てようという気持ちが無ければ部下からの裏切りにも会うだろう。今回のスキャンダルはそのことを明快に語った事件だった。近代中国の知識人であった魯迅のコトバに「水に落ちた犬は撃て」という厳しい言葉があるが、豊田女史はまさに「水に落ちた賢かった犬」彼女の選挙区の住民がこの舌禍事件にどういう審判を下すのか、衆議院の解散選挙が1か月後に迫っている。豊田真由子女史の流行語大賞衆議院選挙のダブル当選を祈ってあげようではないか。

レアルの次はバルサ大物を喰う柴崎岳はファンタジスタになれるか。

f:id:gunjix:20170917101226j:plain

スペイン1部リーグの「バルセロナ」戦に出場したヘタフェの柴崎岳選手がシーズン開幕からここまで無失点できていた強豪バルセロナのゴールに強烈な左足のダイレクトボレーを叩きこんだ。「ガク・シバサキはレアル・マドリードにしでかしたことをバルサ相手にもやってのけた」とスペインの「MARCA」紙が伝えた。昨年のクラブワールドカップレアル・マドリード戦で決めた2本のゴールもすべて左足、今回のバルサ戦でも柴崎の利き足である右足からのシュートではなく左足からのゴールであった点についても現地では大きな話題になった。「ゴールの形はどうであれ結果を残したかった。だから今日もゴールというポイントだけを見ていた」と試合後に語った柴崎選手。ヘタフェのボルダラス監督は「私はガクをできるだけゴールに近い位置で使いたい。彼にはエリアに入っていく力、ゴールを決める力がある」と絶大の信頼を柴崎に寄せている。柴崎が最前線で体を張って競り合いながらパスを受け遠目からゴールを狙う、今回のゴールの手前20メートルの位置から決めて見せたダイレクトボレーこそが彼のプレイスタイルの真骨頂なのだ。欧州に渡った多くの日本人選手の中でファンタジスタと呼ばれるほどの活躍をした選手は皆無である中、まだ25歳の柴崎岳がこれまでの日本選手には見られなかった攻撃スタイルでスペイン1部リーグで強豪レアルマドリードバルセロナを相手に大活躍してくれる日が来るかもしれない。バルセロナに初失点を与えた日本人ストライカー柴崎岳の今後のプレーに大いに注目したい。

コーヒー持ち帰りでわかるお国事情、日本がダントツ世界一。

f:id:gunjix:20170828211735j:plain

 

アメリカの市場調査会社NPDが世界13カ国で行ったコーヒーショップで店内でゆっくり飲むか持ち帰りにするかの人数の割合を調査した結果が実に興味深い。国民性がゆったりとした印象があるイタリアやスペインではコーヒー持ち帰りの比率が全体のわずか3%、それに対して北米のカナダが43%、アメリカが45%そしてアジアの日本では48%と約半数近い来店者が店内で飲まずにコーヒーを持ち帰っていると言う結果が出た。つまり持ち帰り率で世界一に輝いたのが何と我が国日本という調査結果である。この結果をどう解釈すれば良いのだろうか。私見では、恐らく日本の場合は朝の忙しい通勤時間帯にコーヒーショップに立ち寄りコーヒーを買って出勤するという生活パターンがサラリーマンやOLに定着しているのがその理由なのかもしれない。お店でゆっくりとコーヒーを味わうという習慣が海外の国々に比べて我が国にはそもそも存在しないのだ。しかし、日本と似たり寄ったりの持ち帰り率のアメリカの結果を見ると、やはり日頃仕事に追われ続けて居る国ほど持ち帰り率が多いともいえるだろう。イタリアやスペインのように仕事よりもゆとりある時間を大切にするお国事情とひたすら国際競争の渦の中に身を晒している日本やアメリカとのお国事情の違いがはっきりと読み取れるこの調査結果は「面白うてやがて悲しき」ニッポンのサラリーマンの悲壮感漂う実態が見え隠れしているように思えてくる。