読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ノーネクタイのMy Way

ネクタイを外したら、忙しかった時計の針の回転がゆっくりと回り始めて、草むらの虫の音や夕焼けの美しさ金木犀の香りなどにふと気付かされる人間らしい五感が戻ってきたような感じがします。「人間らしく生きようや人間なのだから」そんな想いを込めてMywayメッセージを日々綴って行こうと思っています。

プレデターを使えば暴君「金正恩」をピンポイントで暗殺できるのに。

f:id:gunjix:20170308015228j:plain

北朝鮮主席の金正恩の暴走が止まらない。今回のミサイル攻撃は日本国内の米軍基地攻撃を想定して行ったものだと北朝鮮は声明を出した。兄の暗殺や核開発・ミサイル発射などその暴若無尽な行動を止めるには金正恩本人を「暗殺」するしか方法は無いだろう。北朝鮮国内の反政府勢力の手によるクーデターが今の状況で期待できないとなれば手っ取り早く外部から暗殺する方法として遠隔地からピンポイントで個人を狙えるUAV(無人攻撃機プレデター(上記写真参照)による殺人方法が一番だ。機体の下部に取り付けられた赤外線映像・ワイド映像・クローズアップ映像の3台のカメラの映像とGPSの位置情報をもとに金正恩の居場所を遠隔操作によって正確に突き止める。あとはピンポイントで機体に搭載された小型のミサイルを金正恩の体に撃ち込むという方法だ。この「無人攻撃機」を使ってアメリカ軍が8年前にイスラム過激派タリバンの司令官を殺害した話は記憶に新しい。「無人攻撃機」を遠隔操作をする場所は韓国国内にある米軍基地内が良い。ここから操作電波は北朝鮮国内に十分に届き、北朝鮮国内のどこに居ても航続時間が24時間・航続距離が200Kmというレーダーに映らないステルス「無人攻撃機」によって金正恩を正確に探し出しピンポイントで殺害できるのだ。今回、金正恩は、「日本にある米軍基地を攻撃目標に想定したミサイル発射実験だった」と公言してしまった。この発言を受けて在日米軍が基地の先取防衛を理由に金正恩への「無人機攻撃」をしかけても北朝鮮の同盟国中国は、手に余る暴君の殺害のためなら目をつむってくれるだろう。一日でも早い米軍による金正恩個人へのピンポイント殺人が実行される事を期待したいものだ。

危なすぎる昭恵夫人。名誉校長の前は大麻やオカルト礼賛なんて。

f:id:gunjix:20170306155053j:plain

国有地を破格の安値で購入して建設中の小学校の名誉校長になる予定だった安倍首相の妻である昭恵夫人がいまマスコミの注目を集めている。彼女がなぜ右翼の人物が経営する幼稚園や小学校とつながりを持ったのかは、たまたま講演の依頼を受けて訪問し「経営者の考え方(つまり右翼思想)に感銘を受けたから」だと名誉校長を引き受けた理由を彼女は述べている。韓流映画の大ファンであるという昭恵夫人が「嫌韓思想」の右翼の人物と手を組んだことは支離滅裂な気がするが、彼女の奇行ぶりはこれだけではない。昨年は安倍政権批判を繰り返す三流ミュージシャンと意気投合したことが話題になった。二人にはともに「大麻解禁支持者」という共通点があり、その点でも安倍首相の足を引っ張る行動をとったのだ。また昨年8月には昭恵夫人が突然ハワイの真珠湾を訪れアリゾナ記念館での慰霊をおこない、それがきっかけで年末の安倍首相とオバマ大統領の共同慰霊が行われたという話は記憶にあたらしい。昭恵夫人は昔から「波動」とか「神秘の水」など非科学的なオカルトの世界にも深く傾倒していることでもよく知られている。我が国を代表する製菓会社森永のお嬢様だった彼女の天衣無縫なこうした振る舞いは、いつの日か夫である安倍首相の足元をすくう事にもなりかねない。現在、彼女は「公人」か「私人」かのいずれかを国会で問われているが、夫である安倍首相の足を引っ張り続けている「奇人」というのが昭恵夫人の一番正しい呼び方ではないだろうか。

キザミ海苔からノロウイルス、感染を防ぐ方法は1つしかない。

f:id:gunjix:20170305230034j:plain

キザミ海苔が原因で、東京立川市で1100人、和歌山御坊市で800人がノロウイルスに集団感染したというニュースは実にショッキングな出来事だった。キザミ海苔は乾燥した食材でしかも密封された食品だったのになぜノロウィルスが付着していたのか。食べる側の我々にとっては対策の使用が無い事件だろう。海苔を加工した業者がキザむ作業を素手で行ったのが原因だとされるが、詳細を調べると、この加工業者は作業の2~3日前から発熱・嘔吐などの症状がありながら海苔の裁断と袋詰め作業を素手で行ったと言うのだ。「嘔吐や下痢の症状はありましたが海苔は乾燥して密封もするので大丈夫だと思ってました。危ないことがわかっていたら作業しなかったと思います」と作業した本人が述べている。一度焼くと言う加熱処理した海苔でしかも乾燥しているからノロウィルスが付着しているとは考えもしなかったという訳だ。しかし、ノロウィルスは熱には弱いが乾燥には強いという性質がある。加熱後に時間を置いて冷めてしまった海苔を、ウィルスに感染している患者が素手で作業したのだから当然ウィルスは海苔に付着し乾燥した状態のままでも生き続けたというわけだ。その結果が今回の事件だったわけである。ノロウィルス感染の犯人が「キザミ海苔」だと特定した行政の検査結果は褒めるべきだが、今回の集団感染を再発させない方法は一つしかない。体調が悪い作業員には絶対作業させない、そして海苔の裁断と袋詰め作業は素手で行わない、という保険指導を行政は食品加工業者に徹底化する必要があるだろう。マスコミは事件の報道だけでなく、こうしたアフターフォローの重要性を広く訴えて然るべきなのに、今のところそういう報道がひとつもないのはどういうことだろうか。

 

「ワキが甘い」のを小池知事に見抜かれた石原元知事の「哀れな末路」。

f:id:gunjix:20170305015238j:plain

東京都の百条委員会が待ち受ける石原元都知事にとって悪い流れがはじまっている。昨日の豊洲問題の記者会見での「知らぬ存ぜぬ」の言い訳や「この問題は私一人では無く都全体の責任だ」という言い逃れは「無責任すぎる」とマスコミこぞっての集中砲火を浴びている恰好だ。思えば、週に3日しか登庁しなかった殿様知事だった石原氏の都政への関わり方は「興味のある事ないことへの対応の差が激しかった」と都の職員達から口々に評され、大学時代からの友人でもあった浜渦副知事からも「石原知事は豊洲移転への興味が低かった」と証言されている。その結果、「用地買収の状況や交渉内容について知り得る立場にありながら知ろうとしなかった」という石原氏のいい加減な都政への取り組み姿勢にマスコミでの批判が一気に噴出したのである。豊洲の移転への「関心も興味も低かった」という石原氏の都政に取り組むこの「ワキの甘さ」を小池都知事はしっかりと見抜いてしまったのである。思えば、湘南ブームの端緒になった小説「太陽の季節」を書いて芥川賞を受賞し、世間に華々しくデビューした石原慎太郎氏は当時の国民的な大スターだった弟の石原裕次郎氏と共につねに大衆の心をつかみ続け、政治の世界へ転身した後も常に人々の脚光を浴び続けるという人生の王道を歩んできた。その彼が、都政への取り組みの「不誠実さ」から齢84にして文字通り「晩節を汚す」終焉を迎えるとは誰が想像しただろうか。彼の最近の著作である「天才田中角栄」氏の不幸な末路と似たような人生の結末を迎えるとはあまりにも悲し過ぎる現実ではないだろうか。

記者会見でうろたえた石原元知事、税金ムダ遣いの小池知事は高笑い。

f:id:gunjix:20170304004753j:plain

東京都の元知事石原慎太郎氏が豊洲市場問題で記者会見を行った。汚染した豊洲の土地を買い入れた責任について、当然ながら知事としてハンコを押した事実を指摘されると「これを裁可してくださいと説明を受けて、司、司(各部門)の責任・専門性に任せて部下を信頼してハンコを押した。それが行政手続きだと思います」と弁明した。つまり、東京都のトップに立つ知事(自分)のみの責任では無く、行政手続きに関わったそれぞれの部門にも責任がある、のだという口ぶりである。さらに汚染した土地を買った損害賠償を求める訴訟が都民から起こされていることを質問されると「おかしいじゃないですか、みんなで決めたこと、それを裁可願いますと言うので(私は)イエスと言ったまでのこと」なのだからと石原氏には珍しく気色ばんだのである。メクラ判を押したがために損害賠償を支払わされた首長の判例が全国に無数にある事を石原氏も解っているようなのだ。この会見の場で、専門家達が、現在の土壌の汚染程度なら安全性に問題は無いと指摘している豊洲市場の開場を先延ばししてムダな経費を使い続けている小池都知事を、石原氏は無責任すぎると批判することも忘れなかった。しかし、形勢は明らかに小池知事に有利に動いている。この会見を見た「厚化粧」の高笑いに石原氏は忸怩たる思いでいるに違いない。

「神の一撃」で倒せなかった山中慎介は、あの具志堅を超えられるか。

f:id:gunjix:20170303140032j:plain

WBC世界バンタム級王者山中慎介は、あまりに強すぎるためにマッチメークが常に難航するが、今回勇敢にも名乗り出たメキシコの若武者22連勝中13KOを誇るハードパンチのカールソンと対戦し12度目の防衛に成功した。山中と言えば「神の左」と呼ばれるストレートで相手を一発KOするのが魅力なのだが、きのうの試合では強烈だったパンチは鳴りを潜めダウンを小刻みに5回奪ってのTKO勝利だった。負けた挑戦者は「力の差はそれほどでも無かった。(山中の)経験が勝っていただけだ」と強がりをみせた。山中は防衛戦を重ねるうちに一発で仕留める場面が減少し、打ち終わりに不用意な返しのパンチを食ってふらつくシーンが見受けられるようになった。所属ジムの会長は今回の試合の後で「完璧な左では無かった。チャンピオンになったのが遅かったので、老けたな、と思う」と正直な感想を漏らした。これまでいくつものKOシーンを見せてきた山中のストレートの威力を彼の専属コーチが語ったことがある。「普通のストレートは拳の薬指の部分を当てるけれど山中は人差し指を当てる。人差し指の一点でアイスピックのように突き刺して相手を一撃で倒す」と「神の左」の威力のヒミツを語っている。果たして次の試合で36年間破られることが無かった具志堅用高のV13という連続防衛記録を山中はアイスピックのような「神の左」の一撃によって達成できるだろうか。具志堅がV13を達成したのは24歳、現在34歳の山中がこの記録に並べるか否かは「神のみぞ知る」である。

国有地払下げで9億円トクした男から学んだこと。

f:id:gunjix:20170302165244j:plain

10億円の評価がある国有地をたったの1億円で入手できる方法がある。大阪の幼稚園経営者がその購入のノウハウを連日のマスコミ報道を通じていま公開してくれている。4年前の2013年に国有地を所轄する近畿財務局にこの幼稚園経営者が豊中市にある国有地を買い取って「安倍晋三記念小学校を建てたい」と打診する。その2年後の2015年にこの経営者と近畿財務局が国有地の賃貸契約を結び小学校建設が開始されるが地下に汚染物があったため幼稚園側が汚染物を除去。昨年2016年4月に除去費用として国から1億3176万円を受け取り、さらに「地下にはさらに大量のゴミが埋まっている」と言い「この土地を安く買いたい」と近畿財務局へ申し入れする。国の側は近畿財務局と大阪航空局が売却価格を算定して大量のゴミの撤去費用を8億円と算定し結果的に土地の相場価格の10億円弱からこの金額を引いた1億3400万円で去年6月に幼稚園経営者に売り渡してしまった。この一連の取引を巡って安倍首相夫妻や他の政治家が背後にいるのではないかと国会で騒がれているわけだが、ことの真偽は会計検査院や国会がこれから追及するだろう。それより注目したいのが市井の幼稚園経営者が10億円の国有地をたった1億円でしかも短期間で手に入れられたその手法についてである。つまり財務局の役人たちは政治権力者の名をチラつかされると何でも言いなりになるという点に注目したい。国有地を安く手に入れるにはこの幼稚園経営者のやり方を真似れば良いのだ。実際につながりがあるかどうかは関係なく「安倍晋三老人ホームや安倍晋三スポーツ会館を建てたいので国有地を安く譲れ」と財務局の担当者に自分の背後に政治家が付いている風に装えば、小役人は恐れをなしてタダ同然で土地が手に入る、という事実を今回の騒動でよく理解できたのである。