読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ノーネクタイのMy Way

ネクタイを外したら、忙しかった時計の針の回転がゆっくりと回り始めて、草むらの虫の音や夕焼けの美しさ金木犀の香りなどにふと気付かされる人間らしい五感が戻ってきたような感じがします。「人間らしく生きようや人間なのだから」そんな想いを込めてMywayメッセージを日々綴って行こうと思っています。

なぜ、金正恩は各国報道陣のまえに突然姿を現したのか。

f:id:gunjix:20170414005345j:plain

北朝鮮建国の父金日成の生誕105年式典が3月15日に開催されるため世界各国から招待されている報道陣の前に、きょう突然に金正恩が姿を現した。平壌市内の黎明通りに建設された高層ビル群の完成を祝うテープカットを金正恩が行ったのである。日本も含め詰め掛けた各国の報道陣は「なぜ、高層団地の竣工式に金正恩が突然現れてテープカットの取材をさせられるのか」と訝ったのだが、もともと金正恩は、主席に就任後、核やミサイルの開発という柱と経済の立て直しという柱を同時に推進する「並進路線」という政策を掲げてきている。つまり、この日は政策の一方の柱である経済面での成果を世界中にアピールすることが金正恩の目的だったのだ。自分がしてきたミサイル発射や核実験で緊迫し続けている世界へ向けて世界中の経済制裁を受けながらも国内の経済は自分が進めた政策によってこれだけの成果をあげている、そのことを世界に向けて報道して欲しい、というわけだ。金正恩は演説しなかった代わりに首相がこの高層ビル群の完成を「敵の頭上に核爆弾を落とすより強力な我々の勝利だ」と演説した。これは、ある意味で金正恩の「命乞い」とも取れる。自分に迫りつつある「斬首作戦」を実行したならば北朝鮮のこれだけの経済発展は止まってしまう。そうなれば北朝鮮から難民が中国や韓国さらには日本などに溢れるかもしれない。自分の手による経済立て直しのハンドリングの巧みさを世界の報道陣に誇示することで全世界に向かって「命乞い」をしたように思えるのだ。アメリカも中国も金正恩のこういう見え透いた「命乞い」の手口に騙されることがあってはならない。

ハチミツで赤ちゃん死亡。目立たない「注意書き」が命取りだった。

f:id:gunjix:20170412142415j:plain

生後6か月の乳児に1日2食ハチミツ入りの離乳食を食べさせていたところ急に発熱や呼吸不全となり病院に搬送されたが急死するという痛ましい事件が起きた。原因はハチミツに含まれていたポツリヌス菌が死亡原因と突き止められた。通常ハチミツには5%の割合でポツリヌス菌が含まれており、メーカーで加熱処理すればポツリヌス菌は完全に死滅するのだがメーカーが加熱処理をしないままで販売されるハチミツにはポツリヌス菌の危険性を知らせるため「1歳児未満の乳児には食べさせないでください」という表示が義務付けられている。しかし今回の死亡事故は母親がこのパッケージの危険表示を見落としていたことが原因として指摘されている。「ハチミツで赤ちゃん死亡」のこのニュースを受けてネット上には「知らなかった」「初めて知った」など幼い子を持つ母親たちからの驚きの声が多数あがった。一方で「そんなこと常識」という母親の意見もあったが、問題なのは危険度の認識が受け取る人によってバラバラな点だろう。たしかにハチミツの容器を見れば小さい文字で「1歳未満に与えないでください」、という表示はある。(上記写真参照)それでも事件は起こってしまったのだ。命にすぐに関わることのないタバコのパッケージでさえ、厚生省は「ガンになる危険性」を大きく表示する事をたばこメーカーに義務付けているではないか、ポツリヌス菌から尊い幼い命を守るために、厚生省はこの事件を受けて1歳児未満は危険と言う表示を全ての人が見落とすことの無いように、タバコのパッケージと同じようにわかりやすく大きく注意書きを表示するようにハチミツメーカーへの指導を徹底すべきではないのか。

アジア人を差別、ベトナム人医師を引きずりおろしたユナイテッド航空。

f:id:gunjix:20170411193851j:plain

世界最大のアメリカの航空会社ユナイテッド航空が、シカゴの空港でオーバーブッキング(過剰予約)のため乗客の中から4人に飛行機から降りてくれるように頼んだが全乗客がこれを拒否。しかたなくユナイテッド航空はランダムに降りる4名の乗客を指定したが、そのうちの一人のベトナム系アメリカ人の医師が「診察に間に合わないから」と降りる事を拒否したためスタンガンを使い流血した状態の医師の体を機外へと引きずり降ろしたのだ。この一部始終を映した動画がネット上に拡散してユナイテッド航空が大きな非難に晒された。ネット上ではユナイテッドの乱暴なやり方への非難が大きかったが、この事件の背景には自由の国アメリカに根強く存在するアジア人への人種差別が潜んでいる。まず、ランダムに選んだという機内から降りることを指示された4人は何故かすべてアジア人だったという点。さらに機内から降りることを拒否したベトナム系アメリカ人の医師にスタンガンを使うと言う手荒な方法を取った点だ。これが白人の乗客であればこれだけ乱暴な扱いをしなかっただろう、さらにはこれだけの機内騒動の場に乗り合わせていた白人の乗客達が誰一人として止めに入らなかったと言う冷淡な態度。ユナイテッド航空は以前からアジア人を差別するというネット上の批判が絶えない会社だが、航空会社に限らずアメリカには黒人差別と同様にアジア人を差別する意識が今なお列記として存在していることを今回の事件を通して、日本人はしっかりと頭の中にいれてからアメリカを訪れるべきだろう。

米軍の北朝鮮攻撃で日本人戦死者56名。67年前の悪夢が再来か。

f:id:gunjix:20170411012024j:plain

アメリカ軍による北朝鮮攻撃がにわかに現実味を帯びてきている中、イザ戦争となればわが国は対岸の火事と傍観している訳にはいかなくなる。67年前に起こった朝鮮戦争の際に、北朝鮮を攻撃するアメリカ軍の命令によって敗戦から僅か5年しか経っていないのに日本はこの朝鮮戦争に参戦せざるを得なかったのだ。アメリカ軍から命令された任務は朝鮮半島と日本の間の日本海における機雷の除去である。この作業は明らかな戦争行為であり敗戦により武装解除されていた日本は一般国民には秘密裏に1200名の隊員と46隻の掃海艇からなる「日本特別掃海隊」の部隊を編成して機雷除去の作業にあたったのである。機雷の除去作業は危険度が高く作業中に触雷によって掃海艇が度々沈没しわずか3カ月で日本人56名が戦死したことはあまり知られていない。当時から半世紀以上が経過した今、アメリカ軍が北朝鮮への制裁攻撃を行えば、北朝鮮がすでに明言しているように在日米軍基地への報復攻撃は必至だろう。となれば、基地周辺に住む日本人にも戦禍が及ぶことは間違いないだろう。と言うより、半世紀前には存在しなかったミサイルやサリンなどの化学兵器の使用などによって北朝鮮が言う「火の海にしてやる」という甚大なる被害予告も現実味を帯びてくる。アメリカ軍は北朝鮮の反撃を許さない戦略で臨むだろうが、戦争による惨禍が日本にどの程度まで及んで来るのか予測が付きにくい状況だ。日本のすぐ隣の国でこうした緊迫した情勢が起こりつつあるというのに、毎日のニュースの話題が「森友学園」や「浅田真央の引退」というニッポン人はまさに「平和ボケしきった国民だ」というのは言い過ぎだろうか。

ヴィン・ラディンと同じ運命を辿るか金正恩。米空母が北朝鮮海域へ。

f:id:gunjix:20170409135542j:plain

NY9.11同時多発テロの首謀者ウサマ・ヴィン・ラディンは、米軍特殊部隊シールズの手によって6年前に殺害された。9.11の悲劇が起きてから足掛け10年、アメリカCIA(中央情報局)が執拗に追い続けた挙句の殺害成功だった。所在がなかなか掴めないヴィン・ラディンの居場所を突き止めたのは「連絡係」をする男を追跡することで成功した。核によるテロを計画する北朝鮮金正恩もヴィン・ラディンと同じ運命を辿ることが予想される。まず、居場所を突き止めるのは山岳地帯を逃げ回っていたヴィン・ラディンよりははるかに容易だろうし、居場所を特定したら特殊部隊シールズの出番だ。レーダーに映らないステルスヘリ「ブラックホーク」で近づきロープを伝って金正恩が潜む建物へと降下して特殊部隊員数名で急襲する、というヴィン・ラディン殺害とまったく同じ方法だ。アメリカ軍は1人の死者も出さずにヴィンラディンの殺害を遂げたように訓練された特殊部隊シールズは確実に金正恩を殺害するだろう。先日、化学兵器による住民への違法攻撃を行ったシリアを制裁するために沖合の駆逐艦からミサイルを撃ち込んだアメリカの軍事行動を「恐るるに足りず」とうそぶいて見せた金正恩だが、今日のニュースで米空母カール・ビンソンが北朝鮮の海域へ向かったという報道があった。しかもこのカール・ビンソンにヴィン・ラディンを殺害したあの特殊部隊シールズのメンバーが同乗してるというのだ。アメリカ軍による金正恩の「斬首作戦」のカウントダウンがいよいよ始まったと言って過言ではないだろう。

MLBテレビ実況でリスペクトされた上原の投球術、今やメジャーのマエストロ。

f:id:gunjix:20170408160028j:plain

この春から昨年のワールドシリーズを制覇したカブスに移籍した上原浩治投手42歳が開幕から3試合無失点と好調だ。今シーズン登板2試合目で初ホールドを手にした上原について、この試合を実況中継したCSNテレビの解説者が上原を絶賛した。メジャー通算523奪三振に対して四球は通算でたったの67「この数字を比率に直すと8:1になり、この比率はメジャー史上で最高の制球力を示している」とリスペクト解説、さらには「上原は豪速球は投げないけれど、投球モーションがすごく早い、彼のフォーシームはスピン率が高く眩惑的でボールが見えない」と手放しの褒めようだった。そう言えば上原の抜群の制球力で思い出した話がある。2004年のアテネオリンピックの試合前の練習で、上原は捕手を務めた城島選手に「好きな所にミットを構えていて良い」と言い、城島が外角に構えると寸部の狂いもなく上原のフォークがミットに収まる、内角に構えてみても寸部の狂いもなく同じようにミットに収まる、構えたところに狂いなく投げ分けてくる上原の制球力に城島選手は舌を巻いたというエピソードだ。CSNのテレビ解説者が言うとおり上原は豪速球投手では決して無い。しかしながらテイクバックがコンパクトで腕の振りがシャープなため球の出所が見えにくい、さらにスピンの利いたボールが手元へきてぐんと伸びる、メジャーでは決して速くない140キロのボールを、上原はこうしたテクニックを使って奪三振の山を築ける「魔球」へと変えてしまっているというわけだ。これから先、どこまでメジャーのバッターをきりきり舞いさせ続けられるのか、いまやメジャー球界のマエストロ(巨匠)となった42歳上原投手の「魔球」から今シーズンも目が離せない。

外国人があきれる電車内で居眠りする日本人。あと30分寝れば解決。

f:id:gunjix:20170407152001j:plain

電車内で知らぬ間に隣に座った外国人にもたれかかって居眠り、気付いたら膝に載せたカバンの上にjapanese Go home and get some sleep!(日本人よ、家に帰って少し寝た方がいいよ)と書かれた1枚のメモが残されていた、という電車内での体験談を記したあるブログをみて思わず苦笑した。確かに、日本人は電車内はもちろん会議中でも国会のTV中継でも沢山の人が居眠りしている姿を良く見かける。そこへゆくと外国人が電車内で居眠りする姿を見かけたことが無いのはナゼなんだろうか。ひとつの原因として考えられるのは寝不足だ。平均睡眠時間の国際比較で先進諸国の平均睡眠時間が8時間10分以上なのに比べて日本人は7時間41分と30分以上短い世界一の寝不足国民というデータが存在する。もうひとつ考えられる理由としてはアルコールに強い体質の外国人と弱い体質の日本人のように体質的な問題があって日本人はどこでも居眠りしてしまうのだという説だ。筑波大学の睡眠医科学研究機構の最新の研究によると慢性過眠症(居眠り病)の原因として脳内物質のオレキシンが深い関わりがあることが解ってきたと言う。オレキシンは脳を覚醒させ、その状態を維持する働きがあるのだという。恐らくこのオレキシンが外国人に比べて日本人には不足していて1億総国民が電車内で居眠りする原因となっているのかも知れない。誰しも好んで電車内で居眠りをしたいとは思っていない。ついウトウトのつもりが熟睡してしまう場合がほとんどだろう。居眠り対策としては、外国人並にあと30分多く睡眠をとる習慣に加えて、脳内のオレキシンを居眠りしない外国人並に増やせる薬があればさらに万全だろう。現在、筑波大学ではそのための薬の開発が進められているという。ついつい居眠りしてしまう国際人として失格の日本人のために、居眠り特効薬の一刻も早い製品化が待たれるところである。