読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ノーネクタイのMy Way

ネクタイを外したら、忙しかった時計の針の回転がゆっくりと回り始めて、草むらの虫の音や夕焼けの美しさ金木犀の香りなどにふと気付かされる人間らしい五感が戻ってきたような感じがします。「人間らしく生きようや人間なのだから」そんな想いを込めてMywayメッセージを日々綴って行こうと思っています。

年金にプラス。「不労所得」獲得作戦その①

f:id:gunjix:20160829141541j:plain

年金生活が始まって、2カ月に1度振込まれる年金で生計を立てる生活が始まると、この金額をもっと増やしたいという欲が出てくる。そこで、年齢相応の不労所得が何かないものかとあれこれ考えてみる。ある日、スーパーの売り場に居て、ふと閃いた。そうだ、温泉水に大豆を浸してから発酵させる「温泉納豆」というのはどうだろう。いやいやまったくの素人がこのアイデアを納豆メーカーに話してもアイデアを盗られてしまうだけだ。何かアイデア盗用を防ぐ手立てを考えねば。そこで思いついたのが商標登録である。特許庁に「温泉納豆」の商標登録を申請したら、意外にすんなりと商標が自分のものになった。これからいよいよ、「不労所得」獲得作戦のスタートである。温泉納豆というからには、有名温泉地の近くにある納豆メーカーに製造を依頼する方法が1番だと思い東京近県の温泉地に近い納豆メーカーを何社か選び出し、交渉に入ることとした。さらに、納豆メーカーに製造を依頼するための資料として、温泉水に浸した大豆と普通に使われる水に浸した大豆との含有成分を比較したデータ作成を公的な検査機関に依頼、その結果、明らかに温泉水の成分が大豆に含有されることが数値で証明できた。まさに鬼に金棒の説得材料ができたことで、営業をスタートしたのである。