読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ノーネクタイのMy Way

ネクタイを外したら、忙しかった時計の針の回転がゆっくりと回り始めて、草むらの虫の音や夕焼けの美しさ金木犀の香りなどにふと気付かされる人間らしい五感が戻ってきたような感じがします。「人間らしく生きようや人間なのだから」そんな想いを込めてMywayメッセージを日々綴って行こうと思っています。

歯槽膿漏を喰い止めた話②

f:id:gunjix:20160903212707p:plain

歯槽膿漏を喰い止めた話① - おかわりしますか?この話。 の続き。

音波歯ブラシという商品は昔から存在していたが、いずれも静かな振動で磨くというもので、歯槽膿漏対策用としては何となく物足りなさを感じていた。そんななか登場したのが超音波歯ブラシ「ソニッケアー」、かつての美顔器マッサージの話を思い出し、「これならいける」と自分なりに確信した。普通の音波歯ブラシの振動数は毎分12,000HZ~18,000HZだが「ソニッケアー」は毎分31,000HZと明らかに振動数で勝っている。購入してみて最初は超音波の振動のあまりの激しさに口の中に入れることをためらうほどの威力を感じもしたりした。この超音波歯ブラシを、ブラシ(毛束)のあたる幅(歯2~3本)づつ移動させながら振動をあたえ、上下を30分ほどかけてブラッシング(マッサージ)する。これが歯槽膿漏の進行を阻止できると私が信じている歯磨き日課である。事実、時々歯茎が腫れたり、歯が少々ぐらつくような感じがある時、このマッサージはてき面に効果を発揮する。現在のところ歯が抜ける危機的な状況は起こっておらず、普通の歯ブラシで磨いたあとに、強力振動の「ソニッケアー」でマッサージするようなつもりで磨くというこの習慣をこれからも続けたいと思っている。ちなみに、歯槽膿漏に歯茎マッサージは効果がないというのが歯科医師達が唱える通説だが、超音波の振動が歯槽膿漏の改善に効果をもたらす、という実証研究を発表してくれる歯科医師が近い将来に現れてくれるのを、私は心から待ち望んでいる。