読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ノーネクタイのMy Way

ネクタイを外したら、忙しかった時計の針の回転がゆっくりと回り始めて、草むらの虫の音や夕焼けの美しさ金木犀の香りなどにふと気付かされる人間らしい五感が戻ってきたような感じがします。「人間らしく生きようや人間なのだから」そんな想いを込めてMywayメッセージを日々綴って行こうと思っています。

「頭の黒いネズミ」とは誰?思わせぶりな小池知事の発言を読み解いた。その②

f:id:gunjix:20161204102350j:plain

小池都知事が発言した「頭の黒いネズミ」の追及は本当に行えるだろうか。大物政治家まで巻き込むであろうこの追及は至難とされるが、これまでにわかっている事実を小池発言に沿っておさらいしてみよう。先ず、東京都が工事費用を負担するボート・カヌー会場は当初の工事予算はたったの69億円だった。それがいつのまにか1038億円に膨れ上がった。小池都知事になってこの予算を見直し、491億円に縮減された。「あやうく500億円を海に捨てるところだった」と彼女が怒ったのだ。しかし、小池都知事がここで怒るのはまだ早すぎた。このボート・カヌー会場の工事入札を公募したところ、参加したのは大手ゼネコンの大成建設JVグループのたった1社だったという不可思議。これだけではない、東京都があらかじめ予定していた予算24,898,639,680円に対し大成建設チームが入札した金額が24,898,320,000円と予定価格を事前に知っていたかのようなドンピシャリの金額だったのである。オリンピック会場の工事費をめぐってこのように次々と起こる怪現象の裏にはきっと「頭の黒いネズミ」が潜んでいる、小池都知事のこの推理はまったくもって正しいのである。しかし、この先が問題だろう。韓国が150万人のデモで大統領を追い落としたような正義の裁きが果たして東京都で起こせるだろうか。冷め切った都民は寒空の下で韓国民のような怒りのデモ行進を行うはずもない。頭の黒いネズミ達は、のうのうとオリンピック工事費のピンハネをこれからも安心して続けられるというわけだ。金余りの国ニッポンは爛れ切った世紀末をいま迎えているのかもしれない。