読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ノーネクタイのMy Way

ネクタイを外したら、忙しかった時計の針の回転がゆっくりと回り始めて、草むらの虫の音や夕焼けの美しさ金木犀の香りなどにふと気付かされる人間らしい五感が戻ってきたような感じがします。「人間らしく生きようや人間なのだから」そんな想いを込めてMywayメッセージを日々綴って行こうと思っています。

あなたがもしプーチンだったら、日本に北方四島を返しますか?

f:id:gunjix:20161218004625j:plain

ロシアのプーチン大統領は、日本が期待した北方四島の返還については一言も話さずに帰って行った。「またか」という日本国民の悲嘆は相も変わらず何十年と続いたままだ。経済協力などより四島を返してくれることが最優先と我々日本人は勝手に考えるが、外交の基本である相手の立場を考えてみるとどうなるのか。もしあなたがプーチン大統領であったならまずロシア国内の意見を十分に汲んだうえで外交交渉に臨むのは当然だと思いませんか。北方四島に関するロシアの考え方をまとめた論文がロシアを代表する新聞プラウダに掲載されたことがある。要約してみると北方四島を日本に永久的に返還しない理由の第1としては、四島の海域がロシア海軍が太平洋に出るための重要なルートであること。この海域を日本へ返還してしまえば当然アメリカがこの海域に展開してくることは目に見えているという考え方だ。第2に日本と同じように領土の返せコールが激しいエストニア・ラトヴィア・ウクライナに対して日本にだけ北方四島を返還してしまったらこれらの国々への領土返還問題がさらに拡大し収拾がつかなくなってしまう。以上の絶対に返還できない国内事情をプーチン大統領はわかっていての今回の訪日だったのだ。ロシア側のこうしたテッパンの考え方について当然日本の頭の良い外務省の官僚達もすでに分析済みの筈だろう。なのに日本国民を欺くように「経済協力をすればいずれ北方四島は返してくれる」という偽りのメッセージを国民に対して平気で流し続けるのか。北方四島を返す気なぞサラサラないロシアに対して今行っている経済制裁をむしろもっと強化すべきなのでは無いのか。外務省よ、もっとしっかりしろよと言いたい。