読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ノーネクタイのMy Way

ネクタイを外したら、忙しかった時計の針の回転がゆっくりと回り始めて、草むらの虫の音や夕焼けの美しさ金木犀の香りなどにふと気付かされる人間らしい五感が戻ってきたような感じがします。「人間らしく生きようや人間なのだから」そんな想いを込めてMywayメッセージを日々綴って行こうと思っています。

トランプ新大統領は単純だ、ソフトバンク孫社長の言いなりだ。

f:id:gunjix:20161229211055j:plain

TVニュースを見ていたら、トランプ次期大統領が報道カメラマンに向かって「いい知らせがある」と切り出す場面があった。言葉を続けて「アメリカ国内に8000人の雇用を生み出せることが決まった」と述べさらに「マサのおかげでね」と付け加えたのだ。マサとは誰だろうと思ったら、先日ニューヨークのトランプタワーの自宅にまで押しかけて面談を行った日本のソフトバンク社長孫正義氏をトランプ氏は親しげにマサと言う愛称で呼んだのだ。トランプ氏の言動は先が読めないと多くの政治評論家が嘆くが、このニュースを見てトランプ氏の扱い方の大きなヒントを発見した。彼が掲げる政策にマッチングした目に見える答えを差し出せば彼はその人物を大いに信頼するという事だ。トランプ氏の掲げる「雇用対策」に孫社長は会談で米国のIT分野に5兆7000億円を投資し最終的には5万人の新たな雇用を生み出すと約束したのだ。トランプ氏は政治家のキャリアの無いビジネスマンだから孫社長が約束した目に見える効果に感激したのだ。つまり、彼は目に見える効果しか信じないのだ。メキシコとの国境に大きな壁を作るという発想は政治家には出来ない。だから、東京オリンピックの工事を独占して巨額の利益が見込まれる大成建設はトランプ氏の望むメキシコとの国境に格安で巨大な壁を作ってあげることを請け負えば、米国内の建設界で大成建設は、オリンピック工事よりさらに大きな利権が手に入る筈、という着想ははどんなモノだろうか(笑)