読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ノーネクタイのMy Way

ネクタイを外したら、忙しかった時計の針の回転がゆっくりと回り始めて、草むらの虫の音や夕焼けの美しさ金木犀の香りなどにふと気付かされる人間らしい五感が戻ってきたような感じがします。「人間らしく生きようや人間なのだから」そんな想いを込めてMywayメッセージを日々綴って行こうと思っています。

北朝鮮は暗殺した「遺体」をなぜ引き取ろうとしているのか。

f:id:gunjix:20170221142826j:plain

北朝鮮は、暗殺した金正男氏の遺体の引き取りを事件発生の直後から今日まで執拗に繰り返してきている。遺体が安置された病院にまで北朝鮮の大使が押しかけ病院の前で報道陣に対してマレーシア側の遺体引き渡しを拒否しつづける態度を非難するアピールを続けて居る。マレーシア政府側は、「DNAが一致した人物に最優先で引き渡す」と当然ながら先ず肉親への遺体引き渡しを優先する考えだ。現在の所、中国マカオに住む正男氏の長男に遺体を手渡すための準備がマレーシア政府の厳重な警備の元で進められている。しかし、北朝鮮大使館はあらゆる手段を講じてでも暗殺した正男氏の遺体を引き取り北朝鮮へと持ち帰って文字通り完全に金正男氏の存在そのものを抹消しなければならない使命を帯びているのだ。何故なら、正男氏は北朝鮮の偉大な2代目指導者であった金正日主席の実の息子であったのだから。3代目主席である金正恩は、一刻でも早くこの母親が違う兄を暗殺した事実を隠ぺいし、偉大な金正日氏の息子として存在したことすら北朝鮮国民の記憶から消し去ってしまいたいのだ。今回のマレーシア政府の強硬な遺体引き取り拒否の姿勢は北朝鮮金正恩にとっては想定外の事だっただろう。このように若き独裁者金正恩の悪企みは、少しづつ綻びが出始めている。今回の遺体引き取りの失敗によって、やがて北朝鮮国内で正男氏暗殺の噂が広がれば、今度は逆に金正恩暗殺計画が「正義」のために実行されるかもしれない。世界中がその日の来るのを待っている。