読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ノーネクタイのMy Way

ネクタイを外したら、忙しかった時計の針の回転がゆっくりと回り始めて、草むらの虫の音や夕焼けの美しさ金木犀の香りなどにふと気付かされる人間らしい五感が戻ってきたような感じがします。「人間らしく生きようや人間なのだから」そんな想いを込めてMywayメッセージを日々綴って行こうと思っています。

米国で爆発をくりかえす電子タバコ、ニッポンでもこれからが危ない。

f:id:gunjix:20170301203551j:plain

昨年あたりからニュースで繰り返し報道されているアメリカで起きている電子タバコの爆発事故。事故の原因が気になるところだが、多くの事故がポケットに入れていた電子タバコが突然発火して手や足にヤケドを負ったというニュースだが、今年に入って電子タバコを喫煙中に口の中で爆発が起きたというアイダホ州からのニュースは電子タバコ愛用者にとってはあまりにもショッキングな出来事だった。喫煙した本人はこの爆発で歯を7本折り頬にもヤケドを負ったという衝撃写真がFACEBOOKに投稿された。これらのアメリカでの事故を見ていると日本の電子タバコは果たして大丈夫なのかと少々不安になってくる。アメリカでの爆発事故の原因は内蔵されているリチウム電池の爆発によって起きているのがほとんどだという。つまり、粗悪品のリチウム電池を使うと昨年サムスンスマホで爆発を起こした中国製リチウム電池と同じ結果になるというわけだ。また爆発した電子タバコは加熱式ではなくすべてがリキッド式のVAPEタイプの電子タバコであることが特徴だ。日本で人気のiQOSは加熱式で問題は無いのだが、最近日本でも人気が出てきた煙(水蒸気)を口から派手に吹き出すVAPEタイプの普及が広がればアメリカと同じような爆発事故が起こることが予想される。電子タバコの事故から身を守るには良く知られたブランド品を選び、くれぐれも中国製など粗悪品に手を出さないことが肝心だろう。電子タバコも「君子危うきに近寄らず」が鉄則だ。