読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ノーネクタイのMy Way

ネクタイを外したら、忙しかった時計の針の回転がゆっくりと回り始めて、草むらの虫の音や夕焼けの美しさ金木犀の香りなどにふと気付かされる人間らしい五感が戻ってきたような感じがします。「人間らしく生きようや人間なのだから」そんな想いを込めてMywayメッセージを日々綴って行こうと思っています。

高卒で資産1650億円。女性の億万長者世界48位に輝く日本女性。

f:id:gunjix:20170315153729j:plain

アメリカの経済紙「フォーヴス」が自分の力で億万長者になった女性経営者の世界ランキングを発表した。第1位は、香港のスマホタッチスクリーン製造メーカーの女性社長で74億ドル、このランキングの中に日本女性として唯一48位にランクインしたのが保有資産11億ドル(円換算で1650億円)の篠原欣子さん84歳だ。彼女は人材派遣の草分けであるテンプスタッフの創業者として知られる女性経営者である。44年前、東京・六本木の住居兼オフィスで資本金たった100万円でスタートした会社が今や資本金10億円年間売上高4000億円という東証一部上場企業へと大きな成長を遂げている。彼女が成功した秘密は2つある。ひとつは、44年前日本人の誰もが気付かなかった「企業へ人材を派遣する」という発想だ。高卒後企業OLだった彼女は会社を始める前にイギリス・スイスなどに海外留学、身に付けた英語力でオーストラリアの会社に就職、そこで目にした日本には存在しなかった「人材派遣」業に着目し、それを初めて日本で創業した点だ。もう一つが時代の流れを読めた点だろう。多くの企業が終身雇用の時代から派遣利用の時代へと変わってきた時代の波に上手く乗れたことが今日の成功へと繋がったというわけだ。そして彼女の保有資産が1650億円になった理由は、普通の会社が成長する上で不可欠な設備投資が要らない人材派遣業だった事にある。つまり人材と言う資本を会社から会社へ派遣するだけで儲かるという実に頭の良いビジネスなのだ。日本人の誰もが思いつかなかった「人材派遣」というビジネスを時代のニーズに上手く乗せて成功させた彼女には世界でも稀な「幸運の女神」が付いているのかもしれない。