読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ノーネクタイのMy Way

ネクタイを外したら、忙しかった時計の針の回転がゆっくりと回り始めて、草むらの虫の音や夕焼けの美しさ金木犀の香りなどにふと気付かされる人間らしい五感が戻ってきたような感じがします。「人間らしく生きようや人間なのだから」そんな想いを込めてMywayメッセージを日々綴って行こうと思っています。

異議アリ、MADE IN JAPANが世界での信頼度8位なんて。

f:id:gunjix:20170329205432j:plain

アメリカの統計サイトのスタティスタが行った「原産国表示の信頼度ランキング」で、ドイツが第1位、日本はと言えば7位のイタリアに次いでフランス・アメリカと同列で8位にランクインした。2位はスイス、3位はEU、4位はイギリス、5位がスェーデン、6位がカナダというのがベストテンの順位である。この調査は、世界42カ国43,000人を対象に2017年1月に行われた調査結果だと言う。昨年フォルクスワーゲンの排ガス不正が世界的に話題になったドイツが1位になってる点で、いささか信憑性に欠ける感じもするのだが、メイドインジャパンの表示の信頼度が世界8位というのはいったいどういう事だろうか。想いの外にランクが低かった大きな理由は以前から世界の国々が指摘している「品質は申し分ないけれど値段が高い」という日本製品への評価だろう。ランクが近いイタリアやフランスも「品質は高いが値段も高い」という点で日本と同じ評価を受けたものと思われる。信頼度を考える場合、品質はもちろんだが適正な価格であるかどうかという点も信頼度を決定づける重要なポイントだろう。日本人は「世界で一番品質にこだわる民族」と言われるが、品質だけを追及してゆけばコストは当然上がり商品の価格も高いものになってしまう。これでは世界中の消費者に広く受け入れられにくい商品になってしまう事も当然だろう。「すぐれた品質の商品を求めやすい価格で提供する」この信頼度ランキングを見て思うのは、品質では世界一と認められた日本の次の課題は、世界の人々が信頼に値する「適正な価格」での商品提供の実現という事になるのではなかろうか。