ノーネクタイのMy Way

ネクタイを外したら、忙しかった時計の針の回転がゆっくりと回り始めて、草むらの虫の音や夕焼けの美しさ金木犀の香りなどにふと気付かされる人間らしい五感が戻ってきたような感じがします。「人間らしく生きようや人間なのだから」そんな想いを込めてMywayメッセージを日々綴って行こうと思っています。

シリアで人質、オオカミおじさん安田純平氏に助けは不要?

f:id:gunjix:20180801154017j:plain

フリージャーナリストの安田純平氏44歳がゲリラ組織シリア解放機構の人質となり、「助けてください」というプラカードを掲げた本人の画像がインターネット上で公開された。安田氏は、多くの日本人が「またか」という思いが強い「お騒がせ人物」であり、こうした外国のゲリラ戦闘地域で人質にされるのは16年前のイラク戦争で拘束されたのを皮切りに今回で5回目だ。2004年イラクで人質となった際には、日本政府は解放交渉に協力してくれたヨルダン政府に2000億円もの大金を支払っている。この後、なおも危険な紛争地域に出かける安田氏に対して日本政府は「危ないから、お願いだから、戻ってきて欲しい」と何度も懇願を続けたのだが、安田氏は「自己責任なので(日本政府は)関わらないで。日本はチキン(臆病者)国家だ」とまで嘯(うそぶ)いて見せたのだ。しかしつい2年前にイスラム武装団体に人質にされた際にはチキン呼ばわりした日本政府と安倍首相に向けて臆面もなく「生かしてくれ、助けてください、これが最後のチャンスです」と訴えてみせたのだ。「自己責任」の意味をまったく理解できていないジャーナリスト安田純平氏。2015年シリアで行方不明になる直前、日本政府の度重なる国外への「退去要請」に憤慨し「せっせと取材の邪魔をする安倍政権とその支持者達」と非難までしている。そして今回の5度目となる「助けてください」の猛アピール。今年44歳の分別盛りのこのオオカミおじさんを私達の血税を払ってまで助けてあるべきかどうか、あなたはどう思われますか?